対戦成績

寝屋川ベースボールフレンズの対戦成績です。

本文へジャンプ






当ホームページ内の
文章・画像など、
一切の無断使用・
転載を禁止します。
2013年4月13日(土)〜 奈良大会 
(橿原公園球場、鴻ノ池球場、横大路グラウンド他)


2013年度奈良大会組み合わせ




4月13日(土) 1回戦/横大路グラウンド(レギュラー):勝利  打撃・投手成績

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 R H E
寝屋川
ベースボールフレンズ
0 2 0 0 1 0 2 5 5 0
三重ゼッツ 0 0 0 0 0 0 0 0 3 3
試合会場  横大路グラウンド
備考  山口、3安打完封勝利!バックもノーエラーの好守備。
バッテリー  山口−京谷
長打  (二)北山
戦評
 奈良大会1回戦。

 対戦相手は春の全国大会でベスト8の好成績を収めた三重ゼッツ。

 フレンズは2回表、三重の先発投手の1イニング5四球という乱調に乗じて押し出しなどで2点を先制。

 4回裏、フレンズにビッグプレーが飛び出す。三重の4番高坂選手の打球はピッチャー山口の足元を抜け、センター前かと思われた瞬間、ショート高木がダイビングキャッチ。すぐさま立ち上がり1塁転送という好守備で山口を盛り立てる。

 5回表には1死3塁のチャンスで2年生5番・京谷がレフト前に弾き返して1点を追加。7回表には1死2,3塁からまたも2年生の7番北山が右中間真っ二つの2点タイムリーツーベース(3塁を狙うも憤死)でさらに突き放した。

 先発の山口は7回を被安打3、10奪三振の快投で強力三重打線に付け入る隙を与えず、見事完封勝利を収めた。

 5番京谷が3打数2安打1打点、7番北山が4打数2安打2打点の活躍を見せた。




4月14日(日) 2回戦/横大路グラウンド(レギュラー):勝利  打撃・投手成績

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 R H E
寝屋川
ベースボールフレンズ
0 0 2 0 0 0 0 1 3 4 0
京都ベースボールクラブ 0 0 0 1 0 0 1 0 2 5 0
試合会場  横大路グラウンド
備考  山口、連日の奪三振ショー!延長8回、佃の勝ち越しソロで勝利!
バッテリー  山口−京谷
長打  (本)佃
戦評
 奈良大会2回戦。

 対戦相手は京都の強豪京都ベースボールクラブ。連投の山口がより一層、凄みを増した投球を見せた。

 先発の山口は1,2回の2イニングで5つの三振を奪うと、3回表には2死2,3塁のチャンスで自らを助けるセンター前2点タイムリーを放つ。

 3回裏にはこの日2度目となる盗塁阻止を恋女房の京谷が披露すると、さらにギアを上げた。4回裏の外野フライを目測を誤った外野手が後ろに逸らしてしまい、追撃のランニングホームランを許すも、5回6回と6者連続三振を奪う(ひとつは振り逃げに)

 しかし京都も粘りを見せる。最終回、先頭打者の京都の3番綾部選手に右中間真っ二つのスリーベースを放たれると、4番市園選手に起死回生のレフト前ヒットを浴び、同点に追いつかれる。5番川崎選手にも右中間へ運ばれ、すわサヨナラ負けかと思われたが、北山−高木−今井とつなぐ好中継で2塁を狙った川崎選手をタッチアウトとし、1死3塁とする。京都は6番溝口選手にスクイズを敢行させるも、山口はこれを渾身の真っ直ぐで空振りさせ、3塁ランナーを挟殺プレーで仕留める。

 そして延長8回表、これまで京都の主戦、廣瀬選手を打ちあぐねていたフレンズだったが、「野球はツーアウトから」の格言通り、2死無走者から2年生の2番佃がセンターオーバーのランニングソロホームランを放ち、勝ち越しに成功。

 その裏を山口も味方の援護に応えるように3者凡退に仕留め、圧巻の17奪三振という快挙で自らの2試合連続完投勝利に花を添えた。




4月14日(日) 準々決勝/横大路グラウンド(レギュラー):敗北  打撃・投手成績

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 R H E
寝屋川
ベースボールフレンズ
0 0 0 3 0 0 0 3 7 2
兵庫武庫ファイターズ 2 0 0 1 0 0 1x 4 7 0
試合会場  横大路グラウンド
備考  西出好投も報われず・・・継投策にハマり、守りの乱れが響いて惜敗。
バッテリー  西出−京谷
長打  (二)山口、清水大
戦評
 奈良大会準々決勝。

 対戦相手は昨年の泉大津大会でも対戦し、サヨナラ負けを喫した兵庫武庫ファイターズ。

 先発投手はこれが公式戦初登板となる西出。昨年の泉大津大会での痛恨のタイムリーエラーの雪辱を晴らせるか・・・。

 フレンズは初回、1死2塁のピンチで、武庫の3番澄川選手にライトオーバーのタイムリースリーベースを放たれ、先制を許すと、4番茶谷選手のライトへの犠牲フライ、ここで中継に乱れが出てさらに追加点を許す。

 先発の西出が走者を出しながら寸での所で得点を許さないピッチングで味方の反撃を待つ中、訪れた4回表。フレンズは5番京谷、8番西出の自らのヒットなどで2死満塁とすると、9番の2年生、清水大が打席に入る。清水大は初球を思い切って振り抜くと打球はライトの頭を越えていく走者一掃の3点タイムリーツーベースとなり、逆転に成功。

 しかし直後の4回裏、それまで鉄壁の守りを見せていた内野陣にエラーが出て2死から走者を許し、武庫の7番古高選手にライトオーバーのスリーベースを浴びて同点とされる。

 フレンズは5回の2死1,2塁、武庫も6回の1死1,2塁のチャンスを活かすことができず、試合は最終回へ。

 なんとか出塁したいフレンズだが、中盤から終盤にかけては完全に武庫の継投策にはまってしまい、最終回も走者を出すことができない。

 そして7回裏、武庫の先頭打者の7番古高選手のヒットを外野手が痛恨の後逸、その後スクイズを警戒しつつ1死を奪うも、最後は代打・田中選手に会心の当たりのレフトオーバーを浴び、サヨナラ負けとなった。

 1番今井が4打数2安打、5番京谷が3打数2安打、9番清水大が3打数1安打3打点の活躍を見せ、公式戦初登板・初先発の西出が7回を自責点3という好投を見せた。




 <大会総評>
春の予選時の「守れなければ勝てない」

この意味を早くわかることを切に願う。 




 
一覧へ戻る 





| HOME | チーム紹介 | スタッフ紹介 | 選手紹介 | 対戦成績 | 写真館 |

| 月間予定表 | 活動予定 | 入部案内 | LINKS | フレマガ! | ふれんず板 |



お問い合わせはこちらまで

neyagawa baseball friends new official homepage since 2009